サドルの調整

適切なサドルの高さはスポーツバイクを乗るにあたって非常に重要です。
ペダルへの力の効率をよくすることで長距離を走れたり、疲れにくく自転車にのることができます。

  1. フレーム側のレバーを開く

    まずはレバーを開きます。力を入れすぎて手がはねないように十分注意してください。

  2. 高さを調節する。

    そのままサドルを押すor引く事で高さが調整できます。
    力が必要な場合はペダルに足をかけることでサドルを動かすことができます。

    この時に左右にぐりぐり回すのはやめてください。
    シートポストに横傷がはいってしまいます。

  3. 適切な高さ

    サドルの適切な高さはサドルに座った状態でペダルにカカトを乗せ、6時の向きまで回します。

    この時に膝が少し曲がる程度が目安と言われています。

  4. サドルを固定する

    高さが決まったらレバーを倒して固定します。この時レバーが緩くなっていたら、レバーと反対側のビスを右回りにまわしてください。ちょうど良い力加減でしっかりと固定します。

  5. 実際に乗ってみる

    サドルの高さが決まったら実際に乗車してみましょう。
    それでもまだ違和感がある場合は1に戻ってまた高さを調節してください。

富良野ネイチャークラブ